そもそもパチンコ海物語とは?

1999年のシリーズスタート依頼、不動の人気を誇る「海物語シリーズ」(海シリーズとも呼ばれている)とは、三洋物産(SANYO)(愛知県名古屋市本社)がメーカーとなるパチンコ・パチスロ機種シリーズのひとつです。

パチンコ海物語 ※Wikipediaより

三洋物産から発売されたパチンコ機シリーズで、横スクロール5ラインの図柄配列をもつ。その名の通り、海を舞台としている。シリーズを通してシンプルな演出が特徴で、各作品とも人気が高い。マリンちゃんなどのキャラクターや魚群予告など、基本的な演出はシリーズを通して一貫している。また、海物語シリーズの人気にあやかるため、他社からも「海」を舞台にした横スクロール5ラインの図柄配列をもつパチンコ機が発売されている。このため『CRスーパー海物語』以降の作品からは、三洋物産製の海物語シリーズであることを示す「海マーク」と呼ばれるロゴが貼付される事となった[1]。2009年で海物語シリーズが10周年を迎えた。

「海物語」が発売される前の1995年、SANKYOから「マーメイドSP」という独特な4分割デジタルを使用した3回権利モノは魚のリールにマリンちゃんという人魚のキャラクターが出ていたためSANKYOから著作権侵害を指摘される事があったようだが法的問題には至っていない。

韓国では「パダイヤギ」(直訳すると海物語)という賭博機(メダルチギ)がある。『海物語』の中古機が輸出されて改造されたものであるが、公式ではなくメーカーは関知していない。

Wikipediaより引用

海物語シリーズの開発・販売メーカー

三洋物産 公式サイト

https://www.sanyobussan.co.jp/

所在地・アクセス

(株)三洋販売 東京本社
〒103-0027 東京都中央区日本橋1丁目3−5